2006年02月20日

全日本女子大学選抜駅伝

走れてる選手はほんとに絞れてましたね。

大会としては7チームが大会記録を更新し、

区間新記録も6区間中4区間で生まれるというハイレベルな大会でした。

それを制した立命館大が3連覇を果たしました。

全日本大学女子駅伝対校選手権大会で優勝した名城大学が6位に沈むなど、

大学女子のレベルアップが感じられる。

マラソンでも世界で活躍する選手の多い女子選手

さらに優秀なランナーを輩出しようとしている。

女子選手は体重を管理することが難しい。

オリンピック金メダリストの高橋尚子は絞りすぎで、

東京国際女子駅伝を一度失敗している。

絞りすぎてもだめだし、太すぎてもいけない。

女子実業団選手の体調管理はダイエットにとても参考になりそうだ。

失敗しないためのダイエット講座ショッピング



失敗しないためのダイエット講座TOPへ




posted by ひろたか1985 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13527432

この記事へのトラックバック


Excerpt: 687人を擁している、中部圏最大の総合大学。理工学部にカーボンナノチューブでCOEをとり、ノーベル賞候補とも
Weblog: 大学情報局
Tracked: 2007-10-03 12:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。